ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

生活

セミがうるさくて寝れない!?そんなセミという生き物を詳しく解説!

投稿日:


夏ですね!!

本格的に、虫が元気になる季節がやってきました。

夏と言えば『セミ』。

朝、換気のために窓を開けた瞬間、部屋に降り注ぐ大合唱…10秒とて開け続けていられません。

セミのせいで、休みの日も朝寝坊ができない…なんて方も多いのではありませんか?

今回はそんなうるさいセミについて紹介します。

スポンサーリンク
  

セミがうるさいのには理由が…1番うるさい種類とは?

日本にはおよそ30種類のセミが生息していると言われています。

そのなかでも、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、クマゼミ、ツクツクボウシなどが、もっとも数が多く、皆さんが耳にする機会も一番多いと思われます。

あまり知られていないことですが、セミの中でも鳴くのはオスだけで、メスは鳴きません。オスが鳴くのは、メスのセミに自分の居所を知らせる、いわば求婚行動なのです。

鳴き方にも種類ごとに個性があって、たとえば、一箇所に留まり鳴き続けることでメスを呼び寄せるタイプの、アブラゼミやニイニイゼミのようなセミもいれば、ミンミンゼミやツクツクボウシのように、一回鳴くたびごとにぱっと飛び立って、移動しつつメスを探すタイプのものもいます。

私たちが通常“うるさい”と感じるのは、圧倒的に、前者の“留まって鳴く”タイプのセミです。

また、「ヒグラシ」などは比較的静かな環境を好みますので、森や林の中に生息していることが多いです。街中で声を聞くことはほとんどないでしょう。夏の田舎の夕暮れ時、カナカナカナ…と鳴くせつなげな声が特徴的です。

ちなみに、世界でもっともうるさいと言われるセミは、アフリカ大陸で発見された、「ブレヴィサナ・ブレヴィス」というセミです。400m離れていても聞こえると言われるその声の大きさは、たとえるなら飛行機のエンジン音に匹敵する音量だそう。

スポンサーリンク

そんな音を身体から出す生き物がいるんですね。。。

世界のセミは?うるさいのは日本だけ?

さて、今、アフリカのセミについて触れましたが、実は、セミは世界各地に生息しており、その種類は、確認されているだけでもおよそ2,000種類いると言われています。

俳句に登場するセミの姿があまりに印象的なため、日本文化になじみすぎて忘れられがちなのですが、セミは、けっして、日本だけに生息する虫というわけではないんですよね、

世界のセミの中でも、いちばん大きいとされるのが「テイオウゼミ」です。名前からして大きそうですよね。それに強そう…。

セミが他のセミとけんかしているところは見たことありませんが、セミ界のキングはおそらくこれでしょう。東南アジアに生息し、身体も鳴き声も大きいことでよく知られています。

また、アメリカには、ジュウシチネンゼミと言って、17年に一度の周期で大量発生するセミがいます。なぜ17年?というのはいまだに誰にもわからないそうです。おもしろいですね。

外国のセミも、日本のセミと同じように鳴きますが、外国では、セミの声はどちらかといえばただの『不快な音』としてとらえられており、日本のように鳴き声に情趣を読み込む文化はありません。

世界的に見れば、同じセミの鳴き声を聞いても、情趣どころか何も感じない人の方が圧倒的に多いのです。

どちらが正解ということはないのですが、私が日本人だからでしょうか、こういうときに、昔の日本人の感性の豊かさに感心せずにはいられないのです。日本にうまれてよかったなあと思います。

まとめ

朝からセミがうるさくて寝不足になってしまうという人は、耳栓も良いですが、いっそ風物詩として楽しんでしまうのはいかがでしょうか。

赤ちゃんや犬の鳴き声と同じで、どんな音でもとらえ方一つで『騒音』になったり『生きている証』になったりするものです。

どうせなら楽しんでしまうことを、私はオススメします♪

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハロウィンが導入!?保育園児のおすすめの仮装はこれで決まり!!

最近のハロウィンは日本でかなり人気のある行事ですね。 大人から子供まで仮装をして街中を歩くのは楽しそうです! 保育園などでもハロウィンパーティなどを行う所も増えてきました。 ハロウィンとはアメリカの民 …

文化祭で使うポスターを簡単に作れて目立たせるアイデアとは!?

秋といえば学生の方は文化祭がとっても楽しみですよね! スポンサーリンク 文化祭といえば食べ物の販売・演劇・おばけ屋敷など、当日だけではなく準備中もクラスのみんなと協力したりと楽しさがあります! 準備と …

もう怖くない!!車酔いしない方法が驚くほど良くわかるまとめ記事

温泉、星空、バーベキューなど、日常を離れて少し遠出をしたいとき、「車酔いしやすい」ことがカベになって出かけられない…そんなひと、少なくないと思います。 子どもの頃は乗り物酔いがひどく、大人になった今で …

懸賞マニアが語る!!懸賞で当選するコツは意外と知られていない!?

懸賞というと、どんなイメージがありますか? スポンサーリンク 「どうせ当たらないだろうから、時間をかけるだけ無駄」と思いますか?あるいは「無料で貰えるならどんどん応募したい!」と思う方もいるでしょう。 …

暑い夏におすすめの涼しい場所5選!!もちろん無料で楽しめます!

dav スポンサーリンク 「省エネ」「節電」ムードの高まる昨今ですが、 やっぱり生身の人間ですから、きっと胸の内はみんなこう思っているはず。   「暑いものは暑い!!」   まして …