ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

仕事

毎日寝不足で仕事が辛い…そんなあなたにオススメする休息法とは!!

投稿日:

理由はさまざまですが、寝不足で仕事が辛いことってありますよね。

人は起床してから、8時間後と22時間後に強い眠気がでるようになっているんです。それは、脳の働きを保つためです。

このように人のカラダは気付かないうちに、生きて行くために必要なさまざまな働きが行なわれています。

また、眠れる時間が少ない時に限って、なかなか眠れない…なんてこともありますよね。

今回はそんな眠れない時の解決策や、仕事中に眠くなってしまった時の対処法も紹介しているので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

寝不足で仕事が捗らない…「休むこと」の重要性

寝不足の状態で仕事をしても、なかなか仕事が進みませんよね。人間にとって、「休むこと」はとても重要なのです。

睡眠をとることで、脳やカラダを休ませる事ができます。脳は睡眠中、休むだけではなく記憶の整理も行ないます。1日の出来事の必要な情報を整理して、脳に定着させることで記憶になります。

そのため、十分に睡眠をとらないと、昨日の事などの起きている時の記憶が思い出せないという事が起こります。また、しっかりとした記憶にならないので、夢のように感じてしまう事もあります。

寝不足の状態で起きている間は、思考力、認知力、判断力、集中力が低下するので、頭がボーっとしてしまい仕事が捗らない…となってしまうわけです。

寝不足は、脳への悪影響だけではなくカラダにも悪い影響を与えます。

さまざまなホルモンが分泌されることで、寝ている間に傷ついた細胞の修復が行なわれます。なかでも成長ホルモンは睡眠時に分泌されるため、分泌されないと疲労回復やカラダの成長などが行なわれません。

これよって、肌トラブルやさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

十分な睡眠は、人によって個人差があります。そのため、同じ時間眠っても「睡眠不足だなあ」と感じる人とそうでない人がいます。

自分に合った睡眠時間を知るためには、何度か同じタイミングで、同じ時間を眠る事を繰り返しましょう。

スポンサーリンク

日中眠くならないようなら、その睡眠時間が自分に合っています。もし眠くなるようなら、眠る時間を少し伸ばしてみて、適切な睡眠時間を見つけてください。

寝不足では仕事の効率が悪くなる?

寝不足の状態は、飲酒状態と同じくらいまで作業能率が下がると言われています。17時間以上起きていることで、作業効率が血中アルコール濃度約0.05%と同じ状態になります。

これだけ作業能率が下がると、仕事の効率が悪くなる事はもちろんですが、運転などの様々な日常生活にも影響してきます。

また、同じ量の仕事を同じだけするにしても、寝不足の状態で何日もかけて仕事を続けるよりも、1~2日徹夜をして、仕事を終えてしまった方がいいです。

なぜなら、寝不足状態のストレスが長く続くよりも、短い期間の方がいいからです。徹夜が続くなど、ストレス状態が長引く場合は意味がないので、無理をするのはやめましょう。

どうしても起きていなければならい、やりきらなければならない場面もあります。そんな時に睡魔が襲ってくる場合には、飲み物や食べ物を口に入れることで眠気覚ましの効果があります。

この時、カフェインが含まれた食べ物や飲み物をとると効果的です。カフェインは、摂取後15~30分くらいで覚醒効果がではじめます。覚えて置くと目安になるので、良いかもしれません。

さらに何かを噛む事でも、覚醒効果が期待できます。満腹になってしまうと逆に眠くなってしまうので、ガムやグミがおすすめです。

太陽の光を浴びて、カラダを動かすのも効果的です。少し外に出て、肩を回すなどちょっとしたストレッチなどをすると目が覚めます。

これらは、即効性の高い眠い時の対処方になりますが、少ない時間でも質の良い睡眠を取ることで対処するという方法もあります。

なかには疲れていて、あっという間に寝てしまうという人もいるかと思いますが、なかなか寝付けないという人もいるでしょう。

興奮状態では眠りにつくのは困難なので、寝る前はなるべくテレビや携帯などの刺激となるものは避けてください。

ハーブティーを飲むなどして、リラックスした状態で布団に入るようにすると眠りにつきやすいです。

まとめ

なるべく自分に合った睡眠時間を確保して、健康的な毎日を過ごせるといいですね。

寝付きが悪い時や起きていないといけない時は、対策法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-仕事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

職場でのストレスが限界と思った時にまずやるべき4つの行動とは!

仕事はやりがいがあったり 働いた分給与がもらえたりと スポンサーリンク 嬉しいこともありますが、 ストレスという天敵がいますよね。   ストレスを溜めると 精神的にも不安になったり、 疲れが …

アルバイトでの有給の取り方をくわしく解説!知らない人は損してる!?

休暇を取得してもその日の賃金が支払われる制度、「有給休暇」。アルバイトでも有給を取得することができるのはご存知ですか? スポンサーリンク 意外な感じもしますが、実はアルバイトやパート、派遣社員など、働 …

アルバイトの志望動機!?短期バイトの場合はどう答える?

遊ぶお金を稼ぐためにはアルバイトだ! アルバイトは学生のうちから働くということを体験できるので、社会経験を学ぶには最適です。 アルバイトをしたいけど長期がいい、夏休みや冬休み中の短期だけ働くなど、働く …

会社に遅刻した時の理由の書き方がもの凄くよく分かるまとめ記事!

大人になって、社会に出たら、メールや報告書の作成などで、日々、沢山の文章を書くことになります。 謝罪文、反省文を書くこともありますよね。 スポンサーリンク 仕事の書類のように過去の文章を使い回すことが …

飲食店社員のメリットとは?休日や労働時間の実態と実際の仕事内容

飲食店に就職を考えている人は、 飲食店社員は「働く時間が長い!」とか スポンサーリンク 「休みが少ない!」という事を聞く事が多くて 不安になっている人もいると思いますが 実際はどうなのでしょうか? & …