ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

生活

【意外な真実】なぜ婚活パーティーの男性の値段は高いのか!?

投稿日:


婚活パーティの参加費は、だいたい男性の方が高く設定されています。あれって不思議ですよね!

女性から見ると、まるで、“ここは基本、男の場所だけど、女性も来たかったら来てもいいよ。安くしとくよ”という、おまけ的な扱いに思えるのです。

婚活市場において男女は対等なはずなのに変ですよね。

今回は、婚活パーティーについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

婚活パーティーの男性の値段が高いのには理由があった!?

この料金設定は、べつに差別しようという意図ではなくて、女性は基本的におとなしい人が多いから、婚活パーティーのような場には、なかなか、自分から積極的に行けません。

その点に配慮して、女性にも気軽にパーティーに参加してほしいというねらいから女性の料金を安く設定しているのです。

それに、男性の料金と差を付けていれば、『どうしてボクが女たちよりも多く出さないといけないの?』と、お金にこだわるケチな男性をあらかじめ弾くこともできます。ケチな男性は女性に嫌われますからね。

このような料金設定には、暗に“男が女性よりも多く出す?ああ当然だよね”という思考がぱっとできる男性が優遇されている、ということが示されているのです。

婚活の極意!男性に求める条件3つ

婚活する女性が男性に求めるもののうち、代表的なのが「年収、学歴、外見または性格」です。

年収がずば抜けて多いのに学歴が中学卒業までしかない人だと、『この人は何かとても個性的なお金の稼ぎ方をしているのでは?』と怪しまれます。

反対に、高学歴なのに年収の低い仕事についていたりすると、『要領が悪い人なのかな?出世しなさそうだから結婚しても苦労するかも、、』と不安感を与えます。

三番目の、「外見または性格」というのは、どちらと決めることはできません。どちらを重く見るかは人それぞれで、片方を重視する人はもう片方をわりとどうでもいいと考える傾向があります。

スポンサーリンク

というのは、たとえば繊細な女性に多いのが、『経済的に満たされていても、旦那と性格が合わなければ結婚生活は続けていけない』と考える人。
あるいは、『外見が嫌いじゃなければOK。私は誰と結婚しても、相手に合わせてそれなりに楽しくやって行ける自信がある』という、こだわりの強くないタイプの女性もいます。

ただ、見た目も性格も年収と学歴に比べればそこまで重視されないのが現実です。

婚活市場ではとにかく“普通の人”が好まれます。

普通に人を愛して、普通に仕事を頑張って、普通に家庭を守ってくれそうな人…そんな人を求めて、女性はやって来るのです。

自分を、誰よりも勝る“普通の男”として演出できた人が勝ちます。

本音が聞きたい…婚活で女性が男性に求める年収とは

さてその肝心の「年収」ですが、実際、いくらぐらいあれば女性は納得するのでしょうか。

もちろん多いに越したことはないのですが、目安としては、日々の食事に困らない程度、奥さんに忙しく働かせることなく、家族を養って行ける程度の収入があることが最低ラインとなります。

あとは、年に一度海外旅行に行けるとか、奥さんや子どもに、ほしいものを何でも買ってあげられるとか、子どもの進学先は遠い私立でもどこでも、好きなところに入れてあげられるとか、年収が多ければ多いほどプラスアルファの価値になります。

上に挙げた“最低ラインの生活”は、年収300万円を切ると維持するのが厳しくなります。

一般的に、子どもができたら、生まれてから大学に入るまでに総額1000万円の費用が必要と言われています。そのための貯蓄をしながら日々の生活もつづけて行くと考えると、月収30万円として、年収360~600万円以上はほしいところです。

いかがでしょうか。あくまでもこれは目安です。

都会に住むか田舎に住むかで、毎月の生活費は変わって来ますし、贅沢品は一切いらない、子どももつくらないと決めている女性ならば、年収300万でも十分、多すぎるくらいだと考えることでしょう。

ただ、そういう女性は変わっていますので、婚活をしている可能性は低いですが。。。

あとがき

みなさまがすてきなご縁に出会えますように。

参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旦那のいびきがうるさくて寝れない時の効果抜群な解決策はコレだ!!

  夜中に旦那さんのいびきがうるさくて 寝られないという事はありませんか? スポンサーリンク   普段、先に寝る時には気にならなくても、   トイレに起きた際や、後に寝る …

就活でスーツの下にベストは着るな!服装で落とされるって本当!?

  この時期は、 大学3年生や4年生は就職活動真っ只中かと思います。   私も就職活動に励んでいた時期は、 心身ともに疲れるものだったので、 スポンサーリンク   内定を …

七草粥の由来を保育園の子供に分かりやすく説明する方法!

  七草粥は毎年食べていますか?   お正月に豪華な料理を食べたりして スポンサーリンク 弱ってしまった胃腸をいたわるために食べる七草粥。   しかし、その本来の意味は …

【水筒の洗い方】毎日やっても手間ではない簡単お手入れで長持ち!

「水筒」といえば昔は子供が持つイメージが強かったですが、最近では、エコの意識が高まって子供だけではなく、大人の方も会社やお出かけに水筒を持って出かける方も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク …

厄年の離婚は厄落としになるというのは嘘!?厄払いの方法とは!

  厄年というと、なんとなく気分が下がるし、 なんとなくついてないな、という日が多いかもしれません。   ちなみに私の旦那は今年は厄年です。 私はあと2年後に厄年です。しかも本厄な …