ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

生活

雪だるまをキレイに丸く作るコツ!一手間加えるともっとカワイイ!?

投稿日:

冬といったら雪ですよね。

 

皆さんの地域では雪は降りますか?

雪が降るとなんだかワクワクしちゃいますね。

 

仕事の時に降るとちょっとブルーになりますが(笑)

 

雪を見ると作りたくなるのが雪だるまですね。

 

私もベランダに積もった雪で

ミニ雪だるまをついつい作ってしまいます。

 

子供なら尚更雪だるまを作りたがりますよね。

たくさん積もれば親子で雪だるま作りもいいですね♪

 

しかし、雪だるまって作るのは意外と苦戦しませんか?

特に大きい雪だるまだと形がボコボコになったり(^^;)

 

そこで、雪だるまをキレイに丸く作るコツなど

とっておきの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

雪だるまの作り方のコツ!さらさらの雪質の場合は?

 

雪だるまって作るのも良し、できたものを見るのも良しで

昔から愛されていますよね。

 

ちなみに、

雪だるまは日本では江戸時代からあったそうですよ。

 

そして、日本の雪だるまは二段重ね、

外国の雪だるま(スノーマン)は三段重ねなんです。

 

スノーマンは頭と胴と足でできているので三段らしいですよ!

 

では、話を戻しますが、雪だるまを作ると

どうしてもきれいな丸にならないことありますよね。

 

まず作り方の基本はこちらです。

 

① おにぎりのように雪をぎゅっと握るように作る。(2玉)

② ①で作った雪玉を雪が積もった所に置いてコロコロ転がす。

(頭部分、胴体部分を作る(頭2:胴体3)

③    雪玉を壊れないように重ねる。

④    目や口や手を付けて出来上がり。

 

これが基本ですが、うまくできないですよね。

では、雪だるま作りのコツをご紹介します。

 

雪だるまを上手に丸くするには、

「同じ方向に転がさないこと」です。

 

同じ方向に転がすといびつな形になってしまいます。

そして、ゆっくり転がして形を整えましょう。

スポンサーリンク

 

また、さらさらな雪質の場合、雪は固まることはありません。

じゃあどうするの?とお思いですよね。

 

その場合は、『雪に水分を含ませる』ことです。

丸めながら水分を含ませるといい感じに固まってくれますよ♪

 

雪だるまを簡単に作るのに必要な道具は?

 

雪だるまを簡単に作るのに

必要な道具とは何だと思いますか?

 

それは、手袋・水・じょうろ・スコップ・料理で使うボウル2つです。

 

手袋は冷たい雪を触るので必須ですね!

水はパウダースノーの際に使ってください。

 

じょうろは水を少しずつ加えるときに必須です。

スコップは雪を集めたり固める時に便利です。

 

そして、気になるのはボウルですよね。

実はこれ、雪だるまを綺麗に丸型にするのに便利なんです。

 

使い方は、ボウルにたくさんの雪を入れ、

もう片方のボウルと重ねるんです。

 

すると、何とも綺麗な丸型ができるんです。

 

丸型を作るのが苦手だという人に

とってもおすすめの道具なので是非使ってみてください。

 

また、雪だるまを可愛くしたい場合、

頭にバケツやニット帽、首元にマフラー、

目はペットボトルのフタ、鼻はニンジンなど。

 

身の回りにあるもので作るとより楽しいですよ♪

 

うまくできるようになったら、

キャラクターの雪だるまを作るのも楽しいと思います。

 

【番外編】雪だるまといったら白峰雪だるま祭り!

 

雪だるまを作ると、本格的な雪だるまを見てみたい、

雪だるまをモチーフとした祭りはないのかと興味がわいてきませんか?

 

実は、石川県で「白峰雪だるま祭り」というものが

毎年冬に開催されているんです。

 

ライトアップは午後5時から時までとなっていますが

食べ歩きが午後3時からできるようになっています。

 

白峰に住んでる人たちが

個性豊かな雪だるまを作って観光客を魅了させています。

 

雪だるまのライトアップは何とも幻想的、

そしてとってもシュールで可愛いです。

 

一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

雪だるまの作り方をご紹介させていただきました。

 

お子さんと是非作ってみてくださいね♪

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供には熱中症対策が必要!かかってしまった時の初期症状と対処法

熱中症は、真夏の炎天下だけでなく室内でも起こることがあります。体温調節機能が未熟な子供は、自己管理で判断ができる大人と違って外気温の影響を受けやすく、熱中症になる可能性が高いです。 スポンサーリンク …

汗臭い男性が嫌いという女性は多い!気になる臭いの対策方法とは!?

汗の臭いが気になる季節がやってきました。 臭いは、音と違って簡単に遮断できない分、その人の臭いにいちど不快感をおぼえると、なかなか忘れ去ることができません。 スポンサーリンク あなたがどんなにすばらし …

毛布を洗濯するベストな頻度!洗わないで干すだけではダメ!?

  肌寒くなる秋には一枚でそのまま使えて、 本格的に寒くなってきたら、 布団と併用して使うことができる毛布は、 気温に合わせて簡単に調節できる優れものです。   でも、暖かくて使い …

バターとマーガリンの危険性を元栄養士が徹底解説!知らなきゃ危険!?

バターとマーガリン、 あなたはいつもどちらを使用していますか?   バターは風味も良く、 味もコクがあって美味しいですが、 毎回買うには少し値段が高いですよね。   バターとそれほ …

【超簡単】フラワーアレンジメントの花を長持ちさせる方法とは!

いまや贈り物の定番となったフラワーアレンジメント。お花の存在は心を豊かにしてくれます。 動物とちがって、鳴いたり動いたりするわけではないのだけれど、それでも、ていねいに作り込まれたお花というのは、こち …