ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

生活

サウナ後に水風呂に入るメリットとは!入り方を間違えると危険!?

投稿日:2018年9月23日 更新日:

 

温泉や銭湯に行ったときに、

サウナを利用される方もいらっしゃると思います。

 

サウナには、

健康、美容、リラックス効果などがあるといわれています。

 

サウナは水風呂と交互に入る「温冷交代浴」を行うことで、

血流が増え新陳代謝がよくなるというメリットなどがありますが、

 

サウナの後の水風呂は、

入り方を間違えてしまうと大変危険なこともあります。

 

そこで今回はサウナの後の

水風呂の正しい入り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

サウナ後の正しい水風呂の入り方!

 

サウナは水風呂と交互に入ることで、

血管が拡張したり収縮したりすることによって、

血流がよくなり健康にメリットをもたらしてくれます。

 

しかし、正しい入り方をしないと良い効果は期待できません。

サウナの後に水風呂に入るときは、

いきなり水風呂に肩まで浸かってしまうのではなく、

ゆっくりと徐々に浸かります。

 

はじめは、かけ湯と同じように、

手足から胸まで少しずつ水をかけていき慣らしていきます。

 

水温に慣れたら腰まで浸かり、

1分くらいかけて、ゆっくりと胸まで浸かるようにしていきましょう。

 

この時水風呂に浸かるのは1分くらいにします。

 

水風呂にあまり長く浸かりすぎてしまうと、

身体が冷え切ってしまうのでよくありません。

 

水風呂が無理であれば冷水シャワーでも効果がありますので、

無理して水風呂に浸かる必要はありません。

 

サウナの効果的な入り方は

「サウナは5分」「水風呂は1分」を、

3回繰り返して行うと疲労回復や気分転換に良いです。

スポンサーリンク

 

サウナ後の水風呂は入り方を間違えると危険!?

 

サウナの後に水風呂に入るのには、温めた体を一気に冷やすことで、

汗腺を刺激したり、血流をよくする効果などがあり、

健康にたくさんのメリットをもたらせてくれます。

 

が、その一方で、

サウナの後の水風呂の入り方を間違えてしまうと、

ヒートショックを起こす危険性もあります。

 

ヒートショックは、急激な温度変化により血圧が上下し、

心臓や血管にダメージを与えてしまう現象のことです。

 

サウナに入って体が温まり血管が拡張した状態から急に水風呂に入ると、

体が急に冷え血管が収縮します。

 

この時、急な温度変化によって血管の壁に圧力がかかってしまい、

脳卒中や心筋梗塞、不整脈などを引き起こす恐れがあります。

 

場合によっては死に至ることもありますので注意が必要です。

 

また、ヒートショックだけではなく、

脱水症状にも注意が必要です。

 

サウナでは、体内の水分が奪われてしまい、

脱水症状に陥りやすいのですが、

 

サウナの後にすぐ水風呂に入ってしまうと、

体がクールダウンされ、脱水症状に陥っていることに、

気づかないままになってしまうことがあります。

 

サウナに入るときは、

水分をしっかりとって入ることも大切です。

 

まとめ

 

サウナと水風呂に交互に入ることによって、

腰痛、高血圧、冷え性、肩こり、不眠症、

うつ病の改善など様々な効果が得られるといわれています。

 

しかし間違った入り方をしてしまうと、

ヒートショックなどが引き起こされる危険性も潜んでいます。

 

サウナの後の水風呂で、

ヒートショックや脱水症状を引き起こさないようにするためにも

「サウナ5分」

「水風呂1分」で「水風呂は徐々に水温に慣れてから浸かる」という

 

正しい入り方をすれば、

サウナの後の水風呂は健康に良い効果をもたらせてくれます。

 

また、正しい入り方で「サウナ」と「水風呂」を繰り返し入ることで、

交感神経と副交感神経のバランスを整え、

 

自律神経の乱れを整える効果もあるので、

ぜひ正しい入り方を実践してみてくださいね。

 

ただし、少しでも体調が悪いなと思ったら無理をせずに、

すぐにあがるようにすることも大切です。

 

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

大雨警報と洪水警報の違いが驚くほど良く分かるまとめ記事

大雨が降ると学校や日常生活に支障が出たりしますよね。 スポンサーリンク 学校が休校になったり、交通の便に影響があったり…。 学生時代に警報が出ないかと天気予報を気にしていた事を思い出します。 今回は、 …

学校では教えてくれない?夏至・冬至・春分・秋分の違いや意味とは!

スポンサーリンク 日本には季節がありますね。それに合わせて春分や夏至、秋分や冬至など、季節に関係した祝日などがあり実際どんな意味でつけられているのか知っていますか? 学校でも教えてくれない事で、知って …

運動会の場所取りは何時から挑む?コツや避けたいトラブルとは!?

子供の運動会は、学校行事の中でも保護者が参加することの出来る一大イベントです。 成長と共に、子供同士の競技を見る機会は少なくなるので、良い場所を確保して、お子さんの活躍を近くで見たいと思われていること …

雨の日の電車内でのベビーカー利用の注意点と必需品とは!?

  スポンサーリンク 雨の日に赤ちゃんとお出かけする時に、 電車にベビーカーを持って乗るのはちょっと迷惑にならないか・・・ なんてかんがえてしまいますよね。   今回は雨の日の電車 …

雷が鳴ったらテレビを消すのはなぜ!?電化製品に起こす影響とは!

昔、まだテレビが珍しかった時代には、   『雷の日にテレビをつけているとアンテナが雷を呼び寄せて、 スポンサーリンク その家に雷が落ちやすくなる』 という説が多くの人に信じられていました。 …