ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

生活

車の暖房をつける時にACは必要なし!?知らないと損する燃費対策とは!

投稿日:

 

これから寒くなってくると、

運転する時に欠かせないのが車の暖房です。

 

乗る少し前にあらかじめエンジンをかけて、

暖房で車内を温めておくという人もいるでしょう。

 

暖房をつける時には、

温度や風の強さを調節することはありますよね。

 

では、a/cボタンは点灯させていますか?

 

このACの意味や使い方を知ることで、

暖房を効率よく使うことができます。

 

ACはコンプレッサーを動かすボタンになっており、

これを押すことで車内に冷たい空気を送ることができます。

 

では空気を冷やさなくて良い冬場は、

使う必要のないボタンなのでしょうか。

 

車には、走っているだけで非常に熱くなる部分があります。

エンジンです。

 

せっかく熱くなるのなら、その熱を暖房用に利用しようということで、

暖房の暖かい風はエンジンの排熱を使って温められているのです。

 

車を走り出してもなかなか暖かい風が出てこないのは、

エンジンが温まっていないからです。

 

しばらくするとエンジンが温まり、

それと同時に送られる空気も温まります。

 

つまり、わざわざ空気を冷たくするコンプレッサーを使わなくても良いため、

暖房は冷房よりも簡単でエコな仕組みだと言えます。

 

でも、「AUTO」スイッチを入れると、

自動的にa/cボタンが点灯する車が多いはずです。

 

だから暖房の時にも、

そのままつけっぱなしにしているというケースがほとんどです。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

冬場にa/cボタンをつけっぱなしにしていると、

いくらエコドライブを心がけても、

それが無駄になるぐらい燃費を悪くしているかもしれません。

スポンサーリンク

車の暖房でACをつけるのは燃費に影響が出る!?

 

夏場にACをつけると、

だいたい燃費が10~15%ほど悪化します。

 

でも、ACをつけなければ冷たい風が送られてこないのですから、

a/cボタンを点灯させることは仕方ないと言わざるを得ません。

もちろん車内を効率的に冷やす方法は他にもあるので、

a/cボタンも点灯させながら他の方法も試すことで、

夏でも燃費を上げることは可能です。

 

一方、車の暖房は言ってしまえばただのエンジン熱です。

スポンサーリンク

 

そのため、ACを点灯させることで、

無駄に燃費を悪くしている可能性があります。

 

ACを切ることで暖房は冷房を使うよりも断然効率よく、

燃費にも影響なく使うことができるのです。

 

これまでガソリンがすぐになくなるから…と思って、

寒さに耐えながら暖房を抑えめに使っていた人は、

もっと積極的に使っても大丈夫ですよ。

 

ただ先述して通り「AUTO」スイッチを押すと、

自動でa/cボタンもONになります。

 

そんな時はa/cボタンだけ手動で切るようにしましょう。

 

冬場にエアコンをONにしていると、

気付かないうちにお肌がカサカサになることもあります。

 

a/cボタンをOFFにすれば、

燃費を上げるだけでなく保湿まで期待できますよ。

 

車のa/cの意味と使い方とは!

車にあるa/cのボタンは

「エアーコンディショナー」のことを表しています。

 

日本語で言うと「空調」ということです。

 

このボタンの役割は二つあり、

一つ目が「送風する空気を冷やす」ということ、

 

二つ目が「除湿する」ということです。

 

つまり、暑いと思ってもa/cボタンがオフになっていると、

いつまで経っても生ぬるい風しか送られてこないということです。

 

夏場はa/cボタンをオンにすることで、

初めて冷房機能が活かされるということですね。

 

また、車内を除湿することができるため、

フロントガラスが曇った時に使うと曇りが取れてとても便利です。

 

乾燥している冬場は使う必要が無いのではと感じるa/cボタンですが、

車内に人が乗れば意外と熱気で蒸し蒸しして曇ってくることがあります。

 

そんな時にはこのボタンを活用して

車内を除湿しましょう。

 

また、a/cボタンの近くに「FRONT」「REAR」と書かれた、

温泉マークの湯気のようなものが描かれたボタンがあると思います。

 

それを押すと、フロントとリアから除湿した空気が出るため、

すっきりと曇りが取れますよ。

 

まとめ

 

ACの意味や使い方を覚えておけば、

効率よく冷暖房を使うことができます。

 

除湿機能もあるので、

意外と冬場にも活躍するa/cボタン。

 

ただし、常に点灯させると燃費が下がってしまうので、

冬場は窓ガラスの曇りが気になった時だけONにするなど、

工夫しながら使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

雛人形の片付けは天気が重要!?ベストなタイミングと遅れる時の対処法

  女性は必ず買ってもらったことのある雛人形ですが、 どんな雛人形をお持ちでしょうか?   私が祖父母に買ってもらった雛人形は 7段の豪華な雛人形でした。   ひな祭りの …

文化祭で使うポスターを簡単に作れて目立たせるアイデアとは!?

秋といえば学生の方は文化祭がとっても楽しみですよね! スポンサーリンク 文化祭といえば食べ物の販売・演劇・おばけ屋敷など、当日だけではなく準備中もクラスのみんなと協力したりと楽しさがあります! 準備と …

メダカの飼育は屋内と屋外どちらが適してる?一番大切なのは水量!?

  スポンサーリンク 小さくってかわいいメダカ♪   見た目のイメージとは裏腹に、頑丈で飼いやすいため、 ペットとして好んで飼育する人も多い魚です。   今回は、これから …

【意外な真実】なぜ婚活パーティーの男性の値段は高いのか!?

婚活パーティの参加費は、だいたい男性の方が高く設定されています。あれって不思議ですよね! スポンサーリンク 女性から見ると、まるで、“ここは基本、男の場所だけど、女性も来たかったら来てもいいよ。安くし …

車のフロントガラス凍結は手作りアルコールスプレー持参で簡単解決!?

  冬の朝、車に乗ろうとしたら スポンサーリンク フロントガラスが凍結していて運転できない。。。   あれって、困りますよね。   私も初めて見たときは「えっ」と固まりま …