ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

イベント

多摩川花火大会の2018年の日程とアクセス|有料席の情報や穴場を紹介

投稿日:2017年6月14日 更新日:


多摩川花火大会は「世田谷区たまがわ花火大会」と「川崎市制記念多摩川花火大会」の、2つの花火大会が協力して開催され、両方合わせて「二子玉川の花火大会」とも呼ばれている大規模な花火大会です。

一つの花火大会で6000発で、合計12000発の花火は圧巻の一言で、この迫力は、多摩川花火大会ならではです。毎年50万人は訪れていて、参加者は年々増え続けています。

多摩川花火大会の魅力はテーマに沿った音楽花火、大迫力のナイアガラやスターマインなどでしょう。また、川崎側ではハナビリュージョンと名付けられた、音と光を融合させた花火のショーを楽しむことができます。川崎市には藤子・F・不二雄ミュージアムがある縁で、ドラえもん花火など、子供が見ても楽しめる花火が見られることで人気です。

二つの花火大会が同時に開催され、奥行きのある打ち上げ風景を見ることができる、多摩川花火大会の2018年の日程とアクセス、有料席情報やおすすめの穴場をご紹介します。

スポンサーリンク
  

多摩川花火大会の2018年の日程とアクセス

【開催日程】 2018年10月13日
【開催時間】 19時~20時
【場所】 川崎会場と上野毛会場
【打ち上げ数】約12000発(川崎:6000発 世田谷:6000発)
※荒天の場合は順延はなく中止になります。

<川崎会場:川崎市制記念多摩川花火大会>
開催会場:川崎市高津区・多摩川河川敷
打ち上げ場所:第三京浜道路・国道246号「二子橋」間の河川敷
打ち上げ数:約6000発
アクセス
東急田園都市線「二子新地駅」より徒歩約15分
東急田園都市線「高津駅」より徒歩約25分

※川崎側は小さい花火が多いですが音楽花火やスターマインなど、演出に凝った花火が特徴です。

<上野毛会場:世田谷区たまがわ花火大会>
開催会場:世田谷区立二子玉川緑地運動場
打ち上げ数:約6000発
打ち上げ場所:二子玉川緑地運動場の多摩川河川敷
アクセス
東急大井町線「上野毛駅」から徒歩約8分
東急田園都市線「二子玉川駅」から徒歩約10分

※世田谷区側は河川敷が広いので、大きい10号玉や、ナイアガラなど迫力があるのが特徴です。

多摩川花火大会の有料席情報

多摩川花火大会では、川崎会場と上野毛会場の2つの花火大会それぞれに有料の協賛席が設けられます。しかし、主催元の団体がそれぞれで違いますので、有料協賛席の申し込み受付が開始される日と、チケットの購入方法や問い合わせ先などが違ってきます。

<川崎会場>

【協賛席チケット料金】
・パイプいす席 5,000円/1席
・ペアシート(2人まで) 13,000円/1シート
・ファミリーシート(4人まで) 20,000円/1シート
※ドリンク(ビールかジュース)1人2本とお菓子付き
※席不要の3歳未満の子どもは人数に含めません。

【購入方法】
先着順ですので事前に日付をチェックしておきましょう。 

●チケットぴあ(電話かインターネット)
 電話 0570-02-9999 0570-02-9999 (Pコードは毎年異なります)
 http://t.pia.jp/t

●イープラス(インターネット)
 http://eplus.jp/hanabi

●47CLUB(インターネット)
  http://www.47club.jp/tamagawa

【お問い合わせ】
チケット販売事務局(販売業務受託者 横浜アーチスト内)
電話 045-232-4922 045-232-4922 

<上野毛会場>

●世田谷区民等優先申込(区内在住、在勤、在学の方)

【協賛席チケット料金】
二子玉川公園内
・パイプイス席 4,500円/1席
・ペア席(パイプイス2脚) 13,000円/1ペア

多摩川河川敷内
・テーブル席 25,000円/4席
※ドリンク(ビールかジュース)1人2本とお菓子付き
※席不要の3歳未満の子どもは人数に含めません。
※区民優先は、下記チケット販売事務局のみで取り扱います。

スポンサーリンク

●一般申込
先着順ですので事前に日付をチェックしておきましょう。 
※席種等は上記と同様

【購入方法】
●チケット販売事務局(販売業務受託者 横浜アーチスト内)
 電話 045-232-4922 045-232-4922 営業時間:平日10:00~18:00

●チケットぴあ(電話かインターネット)
 電話 0570-02-9999 0570-02-9999 (Pコードは毎年異なります)
 http://t.pia.jp/t

●47CLUB(インターネット)
http://www.47club.jp/tamagawa

【お問い合わせ】
チケット販売事務局(販売業務受託者 横浜アーチスト内)
電話 045-232-4922 045-232-4922

多摩川花火大会のおすすめの穴場とは

宇奈根公園(東京都世田谷区鎌田2)

世田谷側の穴場スポットです。駅から多少離れているので、メイン会場よりは空いていますが、17時頃までに場所取りが必要です。また打ち上げ場所からは近いので、迫力のある花火を観ることができます。最寄り駅は、二子玉川駅より徒歩で約20分です。

宇奈根キャンプ場周辺(神奈川県川崎市高津区宇奈根784)

川崎側の穴場スポットです。会場から800~1Kmくらい離れるので混雑が比較的ゆるやかですが、花火自体は普通に綺麗に見ることができます。最寄り駅は久地から徒歩約15分ほどです。

多摩川遊園(東京都世田谷区野毛2-9)

世田谷側の穴場スポットです。世田谷の打ち上げ会場より約2Km離れた場所になりますので、ナイアガラなどはちょっと見ずらいですが、かわりに川崎側の花火が良く見えます。最寄り駅は上野毛駅より徒歩約20分と離れていますので、人混みも少ない穴場スポットになります。

第三京浜下流の河川敷(神奈川県川崎市中原区上丸子八幡町)
 
川崎側の花火自体が大きく観える穴場スポットです。第三京浜を超えて下流へ行くと少し混雑が緩和します。最寄り駅は二子新地駅から徒歩約10分です。帰りは、徒歩約25分の南武線の武蔵新城駅を利用する方が良いでしょう。

区立多摩川遊園(東京都世田谷区野毛2-9)

川崎側の花火がよく見えます。有名な穴場スポットなのでそれなりに人はいますが、17時くらいでも座れることがあります。二子玉川駅、等々力駅から徒歩約20分です。

砧野球場(東京都世田谷区喜多見1-12-2)

打ち上げ会場より約2Kmほど離れた場所で、駅からはかなり遠いので、歩くには少し不便な場所ですが、その分混雑を気にせずのんびりと観ることができます。

ローソン川崎久地二丁目店前(神奈川県川崎市高津区久地2‐5‐20)

二子新地駅から徒歩約15分の場所です。大きく見えるので、花火を眺めるのに絶好のスポットですが、座って見えるような場所ではありません。帰りは非常に混雑しますので、南武線まで歩くか早めに撤退する方が良いでしょう。

鎌田1丁目4付近の土手(東京都世田谷区鎌田1-4)

二子玉川駅から徒歩約10分の場所です。間近で花火が観覧できるわりに空いている穴場スポットです。帰りは非常に混雑しますので、フィナーレは電車の中で見るくらいがおすすめです。

玉川高島屋屋上(東京都世田谷区玉川3-17-1号)

両会場の花火と混雑を見下ろせる穴場スポットです。トイレの心配もなく、玉川高島屋の屋上は庭園になっているので、多摩川花火大会の観覧にはベストなスポットでしょう。近年、人気上昇中で混みあってきています。

日本体育大学世田谷キャンパス前(東京都世田谷区深沢7-1-1)

大学の中ではなく、付近の坂の頂上が穴場スポットです。桜新町駅から徒歩約15分と多少距離がありますが、両会場の花火がよく見えるポイントです。地元の人以外は知らない穴場なので、ゆっくり観たい方におすすめのスポットです。

まとめ

2つの会場で打ち上げがある多摩川花火大会は、1度は観ておきたい花火大会と言えるでしょう。

穴場もたくさんありますので、ちょっとした工夫で混雑を回避することも可能です。帰りの混雑緩和のために、花火大会終了後に、ステージイベントも開催されますので、ゆっくり楽しんで、時間をずらして帰るのも良いでしょう。

スポンサーリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

伊勢神宮に初詣!おかげ横丁の元旦の営業時間とおすすめグルメ3選

  初詣には、日本のトップである三重県の伊勢市にある 伊勢神宮に行こうと計画を立てている方も多いのではないでしょうか。   伊勢神宮内宮の近くには「おかげ横丁」という所があり、 三 …

琵琶湖花火大会の2018年の日程|アクセスやおすすめの穴場スポット

夏の琵琶湖の風物詩となっている琵琶湖花火大会は、周囲を山々に囲まれた自然豊かな琵琶湖に、10,000発のバラエティ豊かで色とりどりの花火が打ち上がる、とても迫力があり、また神秘的で美しい花火大会です。 …

目黒のさんま祭り2017年の待ち時間情報や並ぶ時間短縮の攻略法とは?

「さんまは目黒にかぎる!」のオチで知られる古典落語「目黒のさんま」がきっかけで始まった目黒のさんま祭りは、毎年3万人以上の人出と大行列で有名で、脂がのっている旬のさんまを無料で食べられるお祭りです。 …

2018年のお月見はいつ?由来と意味や楽しみ方をご紹介!

日本の秋の代表的な風物詩のお月見!月見団子をお供えして、月を眺め、食べる、という風習ですが、実際にお月見はいつにあたり、そしてどのような由来や意味があるのかというのを知っている人は案外少ないものです。 …

せともの祭り2018の日程と駐車場事情!上手に買い回るコツとは!?

愛知県の瀬戸市は陶器で有名な町です。   そこで毎年開催される「せともの祭」は、 瀬戸川沿いに約200店舗のお店が並び、 陶器をお値打ち価格で販売しております。 スポンサーリンク &nbsp …