ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

イベント

四日市花火大会の2018年の日程とアクセス|有料席や穴場情報を紹介

投稿日:2017年6月16日 更新日:


四日市花火大会は、三重県の四日市市にある港の一部を使って行われる花火大会です。

海上で打ち上げられる花火は、会場からすぐ近くになるので臨場感のある花火が楽しめます。視界いっぱいに広がる水上のワイドスターマインや、メッセージが込められたメモリアル花火が見どころです。

メモリアル花火とは、自分の想いを大切な人に メッセージとして花火に添えることができ、お祝いのメッセージは、FM放送のBGMの中で、花火が打ち上がるタイミングと一緒に番組MCが読み上げてくれます。

結婚記念日、誕生日、プロポーズというサプライズなどでメッセージ入り花火を楽しむのも良いでしょう。

今回は、そんな四日市花火大会の日程とアクセス、有料席や穴場スポットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
  

四日市花火大会の2018年の日程とアクセス

開催日時:2018年8月26日(日)19:15~20:30(予想)
小雨の場合は決行され、荒天の場合は2018年9月2日(日)に延期されます。
(中止かどうかは、花火大会当日の12時以降に発表されます)
打上げ場所:三重県四日市市 / 四日市港富双緑地
電話番号:059-354-8405(四日市花火大会実行委員会)
公式URL:http://kankou43yokkaichi.com/hanabi/
打上げ数:約4000発
例年の人出:約4万3000人
駐車場:無し

<アクセス>

◆電車

・JR富田駅から徒歩約15分
・近鉄富田駅から徒歩約25分

◆車

会場周辺には駐車場が無く、国道1号線や23号線などの周辺道路も大渋滞します。

また、花火大会が終わった後の道路も大渋滞しますので、できるだけ公共機関を利用するのが良いですが、どうしても車で向かわれる場合は、四日市競輪場と霞ヶ浦緑地公園の駐車場が無料開放されています。

毎年14時頃には満車となってしまいますので、早めに現地に着くようにする方が良いでしょう。

【四日市競輪場】
住所:三重県四日市市大字羽津甲5163
駐車場台数:約3000台

【霞ヶ浦緑地公園】
住所:三重県四日市市大字羽津甲5169
駐車場台数:約3000台

四日市花火大会の有料席情報

有料席は、打ち上げの正面で打ち上がる花火を楽しむことができますので、大迫力の花火を近くでゆっくり見たいという人におすすめです。

【座種】いす席(指定席)【料金】2,000円/1人

いす席は1人がけのイスが並んでいる感じです。赤ちゃん連れですと、大人がずっと抱っこしておかないといけません。通路側に座ったとしても1mほどの通り道ですので、ベビーカーを置くスペースもありません。

スポンサーリンク

【座種】芝生席(区画内自由席)【料金】2,000円/1人

芝生席は90cm×60cmのシートを配布され、好きなところに座ることができます。1人当たりのスペースも広いのでゆっくり見ることができますので、おすすめの席です。

【座種】2人シート席(指定席) 【料金】4,000円/2人

2人シート席は、いす席の2つ分みたいな感じです。区画の中の真ん中の席だと、隣の人にすみませんと言いながら移動しないといけないので大変です。

【座種】6人テーブル席(指定席)【料金】15,000円/6人

6人テーブル席は1人当たり2,500円とちょっとお高めですが、食事したり飲み物を飲んだりするのに便利で、スペースも広いです。

<販売窓口>
・チケットぴあ(サークルK、サンクス、セブンイレブンを含む)
・中日新聞販売店、
・ローソンチケット
・セブンチケット、
・四日市観光協会(連絡先:059-357-0381)

※一般販売は7月中旬頃で、チケットが余っている場合は当日券も販売されます。

四日市花火大会の穴場スポット

四日市港ポートビル( 三重県四日市市霞2丁目1-1)

三重県内で一番高層のビルとなっていて、屋上展望室「うみてらす14」からは迫力ある花火を見ることができます。
※花火大会当日は抽選で当選した人のみが入場可能となります。

霞ヶ浦緑地公園(三重県四日市市羽津甲5169)

海岸沿いの公園でスポーツ施設もあり、夜景も綺麗という立地の良いベストスポットになっています。混雑も少なく、夜景と一緒に花火が見られる絶好の穴場スポットです。

天力須賀工業団地西の富州原グラウンド(四日市市天ヵ須賀新町1-4)

広々とした場所でゆっくりと花火が楽しめます。

伊勢湾マリーナ(三重県四日市市天カ須賀1丁目8-26)

花火の打ち上げ会場から約1㎞と少し離れておりますが 周りに高い建物などの視界を遮る物がないため綺麗な花火を楽しむことができます。人混みが気にならない場所なので落ち着いて見ることが出来ます。

イオンモール四日市北(三重県四日市市富州原町2-40)

イオンモール四日市北は花火会場から近く、屋上駐車場からは花火も綺麗に見ることができる穴場スポットになります。トイレもありますので、お子さん連れでも安心して来られる場所でしょう。

まとめ

四日市花火大会は 三重県の中でも代表的な花火大会で地元の皆様にも親しまれています。間近で迫力ある花火が楽しめ、打ち上げ会場である富双緑地の周辺では、屋台もたくさん並びます。

見どころであるメモリアル花火や、ワイドスターマインは必見ですので、ぜひ美味しいグルメを味わいながら、頭上を彩る美しい花火の数々を生で体感してください。

スポンサーリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

全国新作花火競技大会2018年の日程と駐車場や穴場の情報を一挙公開!

全国新作花火競技大会は、長野県を代表する観光地である諏訪湖を舞台に、全国から選び抜かれた若手花火師たちの従来の枠にとらわれない斬新な発想の花火がメッセージや、音楽とともに打ち上がる長野県屈指の花火大会 …

鴻巣花火大会の2018年の日程|駐車場や観覧スポットなどを紹介します

埼玉県の鴻巣市の秋の一大イベントの鴻巣花火大会は、川幅が日本一の荒川河川敷の特徴を最大限にいかした花火が魅力で毎年約60万人もの来場者で賑わいます。1尺玉300発で構成されるスターマイン「鳳凰乱舞」な …

飛騨古川きつね火まつり2018年の日程と見どころや駐車場情報をご紹介

飛騨古川きつね火まつりは、飛騨市古川町に古くから伝わる「きつねの嫁入り物語」を再現した幻想的なお祭りです。 スポンサーリンク キツネ顔に化粧した花嫁と花婿が、松明に照らされる飛騨古川町を静かに練り歩き …

京都永観堂の紅葉の見ごろ時期とライトアップや混雑状況など

京都の人気の観光スポットの永観堂は、東山の中腹にあり、別名で「もみじの永観堂」と呼ばれるほど京都の中でも秋の紅葉が有名な名所で、広い境内の日本庭園全域に紅葉が見られます。 スポンサーリンク また永観堂 …

京都南禅寺の紅葉の見ごろ時期とライトアップや混雑状況など

南禅寺は足利義満の時代には、五山制度の中で京都五山、鎌倉五山を超える「五山之上」という禅宗寺院最高の寺格の寺院です。正門の南禅寺山門では、歌舞伎の「楼門五三桐」の舞台となっており、石川五右衛門が楼上か …