ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

イベント

京都の城陽イルミネーション2017の日程と見どころや駐車場情報など

投稿日:


京都の城陽市で開催される「光のページェント TWINKLE JOYO」は、京都を代表するイルミネーションイベントで、毎年約20万人もの人が訪れる光の祭典です。

2002年から始まったイベントで、初めの頃は7万個だった電球も年々規模が大きくなって、現在は約70万個のLEDとなり、京都では最大のイルミネーションイベントとなりました。

この記事では、城陽のイルミネーションである「光のページェント TWINKLE JOYO2017」の日程と、見どころや駐車場情報などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

城陽イルミネーション2017の日程

光のページェント TWINKLE JOYO2017
日程:12月1日(金)から12月25日(月)
時間:17時30分~21時30分(12月1日のみ17時15分点灯式)
場所:城陽市総合運動公園レクリエーションゾーン(鴻ノ巣山運動公園)
料金:無料(100円の協力金要請あり)
電話: 0774-56-4029(城陽市観光協会)
住所:京都府城陽市寺田奥山1番地

<アクセス>
電車
JR奈良線の城陽駅、近鉄京都線の寺田駅から、会場「鴻ノ巣山公園」への臨時バスが毎日運行


京奈和自動車道城陽ICから国道24号を経由し、府道256号を道なりに鴻ノ巣山運動公園方面へ車で4km※駐車場あり(1000台)

城陽イルミネーションの見どころ

「光のページェント TWINKLE JOYO」は、広大な鴻ノ巣山運動公園をすべてLEDで飾り付けてあります。年々、電飾の数や色の種類が増えていてグレードアップしていくため、毎年見に行く方も多くなっているのが特徴です。

光のトンネル
約60メートルの青い光に包まれたトンネルや、淡くて白い光の3本のトンネルを楽しむことができます。光のトンネルは幻想的な美しさで撮影スポットです。

手作り感のあるイルミネーション
このイベントは、地元の方々の協力により開催されており、手作り感のある温かい雰囲気があります。人ごみの中で見る都会のイルミネーションイベントとは、また違った雰囲気が楽しめるでしょう。

お子さんが喜ばれるような可愛らしいキャラクターのイルミネーションなどもあり、ご家族やカップルなど様々な年代の方が楽しむことが出来ます。

丘の頂上からの景色
階段を上がった場所からの景色が素晴らしく、規模の大きさがよりはっきりわかります。また、夜景とイルミネーションのコラボレーションを堪能することも出来ます。

スポンサーリンク

屋台
敷地内では、屋台がたくさん並びます。地元のお店が出店しているので味も本格的で飲食スペースも設けられており、お子様連れでも安心して屋台を楽しむことが出来ます。

焼きそばやラーメン、フランクフルトなどの定番から、牛すじと大根の煮込みやお寿司などの関西ならではのグルメも楽しむことが出来ます。

さまざまなイベント
イルミネーションだけでなく、イベントも企画されていて、歌やダンス、大道芸、和太鼓なのパフォーマンスも日によって行われます。

オープニングイベントでは、みんなが見守る中、1組限定で人前結婚式も行われます。衣装代は自己負担ですが、挙式費用は無料です。興味のある方は応募してみるのも良いでしょう。

城陽イルミネーションの駐車場情報

会場の鴻巣山運動公園は、最寄り駅から離れた山の手にありますので、車でのアクセスが便利な場所になります。公園横に駐車場1000台(協力金500円)がありますが、イベントの時期の平日は17時頃から、土・日は16時頃には満車になっていることも多く、特にスタート日の12月1日や、クリスマス前後の土・日は混雑します。

鴻巣山運動公園には、会場横の第3駐車場の他に、会場横駐車場を少しすぎた辺りに第2駐車場(アイリスイン城陽前)や、道をはさんで向かい側に第1駐車場(体育館前)もありますが、体育館前駐車場は体育館利用者専用で利用禁止になりますので注意してください。近くに停めたいという方は早めに着くように出かけましょう。

<城陽イルミネーションの渋滞情報>

イルミネーション時期は、夕方に府道256号を利用するほとんどの人がイルミネーション目的で、会場横の第3駐車場に入る列に並ぶ車で会場への道は大渋滞となります。

1番の混雑はクリスマス直前の土、日ですので、ゆっくりとイルミネーションを楽しみたい方はクリスマス当日や直前の土日を避けて、その他の平日に行く方がおすすめです。

また、会場へ入れるのは左折のみですので、国道24号線方面は大渋滞となりますが、反対の宇治方面からの渋滞はありませんので、宇治方面(植物公園側)から向かい、会場近くの駐車場へ駐車して向かうと混雑なく入場することが出来るのでおすすめです。

また、帰りの時間帯も渋滞は発生しますので、状況を見て早めに帰宅する方が良いでしょう。

まとめ

京都の城陽市で開催される「光のページェント TWINKLE JOYO」は、地元の方々の協力によって開催されている無料のイベントです。会場には募金ボックスが置かれていますので、素晴らしいイルミネーションイベントの今後の継続のためも募金をしてみてはいかがでしょうか?

手作り感のある温かいイルミネーションで心が癒されて、丘の頂上からの素晴らしい眺めを堪能しましょう。

スポンサーリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

御堂筋イルミネーション2017の日程と見どころや混雑状況などを紹介

御堂筋イルミネーションは、「大阪 光の饗宴」のイベントプログラムの1つで、もう一つのプログラムの「OSAKA光のルネサンス」と共に、大阪の冬の大人気イベントです。 スポンサーリンク 街路樹のイチョウを …

貴船もみじ灯篭2017の日程と見どころや混雑状況を紹介します

貴船は、京都の地名の一つで「京の奥座敷」とも呼ばれる地域で避暑地としも有名ですが、紅葉の美しさでも人気のスポットです。貴船神社の境内では紅葉の時期に合わせて「貴船もみじ灯篭」が行われライトアップされま …

内海中日花火大会の2018年の日程|穴場スポットと混雑の回避策は?

内海中日花火大会は、千鳥ヶ浜海水浴場で打ち上げられ、砂浜に寝転びながら真上から降ってくる花火を見上げられるのが特徴です。臨場感、人混みの少なさ、夜の潮風、砂浜に寝転びながらの観覧は、都会のものとは違っ …

醍醐寺の紅葉の見ごろは?混雑状況やライトアップ情報をご紹介します

京都の伏見区にある醍醐寺は、約1200年もの歴史を誇り世界遺産としても高名な寺院ですが、四季折々で様々な花が楽しめる名所でもあり、豊臣秀吉が「醍醐の花見」として花見を行った事でも有名です。 スポンサー …

愛知県の香嵐渓の紅葉の見ごろ時期とライトアップや渋滞状況など

愛知県の香嵐渓はモミジの数が4000本以上あり、いろはモミジ、オオモミジ、ウラエンコウカエデなど11種のそれぞれ違う色合いの紅葉が植えられていて、種類も多いので、まさに東海随一の紅葉の名所といえるでし …