ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

イベント

七五三の前撮りはいつが良い?メリットや親の服装の注意点など

投稿日:


七五三の写真は、お子様の成長の大切な記念になります。七五三の当日や前後は写真スタジオも予約でいっぱいですので、お参りの日とは別に、写真撮影だけの「前撮り」を検討する方も多いことでしょう。

実際に七五三の写真は、みんないつ頃撮っているのでしょうか?この記事では、七五三の前撮りはいつすれば良いのか?前撮りのメリットや、親の服装の注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

七五三の前撮りはいつが良い?

七五三は、本来は11月15日のことを指します。しかし最近では七五三のお祝いの仕方は、ご家庭により様々で、お参りも11月15日でなく都合の良い日を選んで行く方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、七五三の写真撮影はお参りと同じ日に行うことは避けたほうが良いでしょう。

着付けに時間がかかり、その後にお参りとなれば、お子さんにとっては結構なストレスになり疲れてしまい、眠ってしまうこともあります。また、疲れた子供と良い写真を撮るのはなかなか大変です。

前撮りでしたら、キャンペーンを行うところもあり、お得な料金で撮影ができて混雑しにくいため、衣装選びや撮影もゆっくり行うことができます。また、お子さんが体調不良の時なども、スケジュールの変更もしやすくおすすめです。

お得感がある前撮りですが、時期によってメリットが違いますので、その点も考慮してベストな時期を選びましょう。

4~5月
大手スタジオなどでは、前撮りキャンペーンが開始されています。ゴールデンウイークなどを利用してご家族で写真撮影に行かれても良いでしょう。

6~7月
日焼けする前に撮影したい方は、この時期までに撮影した方がよいでしょう。早期割引や衣装の選び放題などの特典があるスタジオもあります。

8月
夏休みを利用して、平日にゆっくりと撮影することができます。

9月
前撮りキャンペーンも最終段階で、出来るだけ七五三に近い時期に撮影したい方は、この時期を選ぶ方が良いでしょう。

10月
特に土、日などは人が多くなってきますので、早めに予約を取る方が良いでしょう。

スポンサーリンク

七五三の前撮りのメリット

ゆっくりと撮影できる

七五三シーズンは、写真撮影を早くから予約する必要があり、写真スタジオも非常に混雑します。前撮りですと、空いている時期に撮影できるので、衣装選びや撮影も余裕を持ってできます。また、お子さんもゆったりとした雰囲気での撮影の方が自然な笑顔が出しやすいでしょう。

お得な料金で撮影できる

写真スタジオでは、早いところでは、4月頃から前撮りキャンペーンが行われていてお得な料金で撮影してくれます。キャンペーンでは、写真の追加プレゼントや、衣装のレンタル料が割引になるなどの特典があるスタジオもあります。だいたい前撮りキャンペーンは、9月頃までとなります。

日焼け前に撮影できる

日焼けをしてしまうと、着物が似合わないということもありますが、前撮りですと夏に、海やプールで日焼けする前に撮影できます。

日程変更がしやすい

急に風邪を引いてしまうなどの体調不良や、急用が入ってしまったりしても、前撮りですと新しく予約を取り直しやすいしやすいでしょう。

<前撮りのデメリット>
メリットが多い七五三の前撮りですが、子供は年齢が小さいほど、短期間で大きく表情が変化しますので、七五三の年齢よりも幼い姿の写真になってしまうこともあるというデメリットもあります。

七五三の前撮りの親の服装は?

七五三の写真といえばお子さんの晴れ姿の撮影ですが、家族写真を撮られる方も多いでしょう。

七五三の家族写真を撮影する場合は、お子さんにあわせて親もきちんとした服装にしましょう。男性はスーツで、女性の場合はスーツやワンピースがおすすめです。

七五三のお参りでは着物を着る予定の人も、前撮りでは着付けや、髪型のセットなどの準備も大変ですので、洋装をしている人の方が多いです。幼稚園の入園式で着るようなイメージの服装でよいでしょう。

1番の主役はお子さんですので、お子さんの晴れ姿の引き立つきちんとした格好が望ましいでしょう。

まとめ

七五三は子供が主役ですので、親はお子さんが笑顔で過ごせるようにサポートしてあげましょう。七五三の記念写真はずっと残るものなので、前撮りでリラックスしてる時に撮る方が良い写真になるのでおすすめです。

七五三の記念日が良い思い出になりますように!

スポンサーリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大濠花火大会2018に子連れで行く!!屋台の時間や場所を詳しく解説

日に日に暑さが増して夏を感じるようになると、すぐに花火大会の季節がやってきます。 夜空に浮かぶ大輪の花火は、見る人の心を打ち感動させる力がありますよね。 スポンサーリンク それと同時に、これまでの夏の …

愛知県内海海水浴場のアクセス|駐車場情報や人気の海の家を紹介

東海地区最大の海水浴場と言われる内海海水浴場は、遠浅の海に、きめ細かなサラサラとした砂が特徴の砂浜が長さ約2000m、奥行約80mに渡って続いています。メイン海岸の千鳥ヶ浜は「日本の渚百選」に選ばれる …

四日市花火大会の2018年の日程とアクセス|有料席や穴場情報を紹介

四日市花火大会は、三重県の四日市市にある港の一部を使って行われる花火大会です。 海上で打ち上げられる花火は、会場からすぐ近くになるので臨場感のある花火が楽しめます。視界いっぱいに広がる水上のワイドスタ …

伊勢神宮に初詣!おかげ横丁の元旦の営業時間とおすすめグルメ3選

  初詣には、日本のトップである三重県の伊勢市にある 伊勢神宮に行こうと計画を立てている方も多いのではないでしょうか。   伊勢神宮内宮の近くには「おかげ横丁」という所があり、 三 …

内海中日花火大会の2018年の日程|穴場スポットと混雑の回避策は?

内海中日花火大会は、千鳥ヶ浜海水浴場で打ち上げられ、砂浜に寝転びながら真上から降ってくる花火を見上げられるのが特徴です。臨場感、人混みの少なさ、夜の潮風、砂浜に寝転びながらの観覧は、都会のものとは違っ …