ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

イベント

白浜花火大会2018の地元民おすすめの穴場3選!!浴衣でも大丈夫!?

投稿日:


和歌山県白浜町に白良浜というビーチがあります。

夏になると白浜花火大会が開催されており、県外からもたくさんの人が訪れる人気の花火大会です!

今回は、白浜花火大会の地元民のおすすめの穴場と、浴衣での鑑賞についてを紹介します。

スポンサーリンク
  

白浜花火大会の2018年の日程

実は白浜花火大会は2回に分けて行われます。

1回目は7月30日白浜花火フェスティバル

2回目は8月10日白浜花火大会

どちらも、約3000~3500発ほどの花火が打ち上がり、時間は20:00からです。

フェスティバルは音楽と花火のハーモニーを、白浜花火大会は早撃ちや海上スターマインなど迫力ある花火を楽しめます。

そして大人気なのはやはり8月10日の2回目。《ナイアガラの滝》という言葉を聞いたことはないですか?

海上一面に1キロにも広がる花火がとても素晴らしく、終わった後は満足感でいっぱいになると思います。

海水浴場が開催地となりますので、朝から海で楽しんで、夕方から屋台を楽しみ花火を鑑賞する方が多いですね!

1日かけて花火を楽しむのが一番のおすすめです!!

海が苦手な方はビーチの目の前にエネルギーランドがあり、不思議な体験ができますよ!

白浜アドベンチャーワールドもすぐ近くにあるので、パンダを見て癒されることもできます。

花火を見る時はやはりよく見えるところがいいですよね!

夕方からはビーチ周辺は交通規制がかかり通れなくなります。場所を取るには時間に余裕を持つことが大切です。

朝から昼までに到着してビーチ前の駐車場に停めれることが一番ベストだと思います。行動がしやすいですよね。

沢山の駐車場がありますので、まずビーチに向かって進み、空いている駐車場を探していくことがおすすめです。

ただし、気をつけてほしいことも!

ビーチ前は交通規制がかかっている為、花火終了後すぐは駐車場から出られません。

スポンサーリンク

ビーチ前に停めた人はゆっくり帰ることを考えておきましょう。

白浜花火大会のおすすめの穴場3選!

●絶対的なおすすめスポットは白良浜ビーチです!!

え、そのまま?と言われてしまうかも知れませんが、白良浜はとても広いビーチになっており人がいても砂浜に座れますよ。

出来れば波打ちぎわに場所を取れると前に人がおらず、真っ暗な海上から上がる花火を独り占めするような感覚になります。

ただ白良浜ビーチであればどこにいても空高く上がる花火を見上げますので、人が周りにいてることは気にならず花火だけを楽しめます。

ビーチを海に向かって左側に席を確保すれば、正面からの花火は見れませんが人混みはまだ少ないです。

大勢いてて苦手だという人は左側にいきましょう!

●ビーチ前にあるエネルギーランド周辺

エネルギーランドはビーチ周辺より少し高台となっています。ビーチより人は少し少ないぐらいですが、こちらからも花火を見ることができます!

●白浜空港周辺

白浜空港周辺も高台となっており、海が見えます。

ただ会場よりは距離がありますので人混みが本当に苦手で、屋台を楽しまなくても打ち上げ花火を見たいという人にはおすすめです!

白浜花火大会は浴衣でも大丈夫!?

花火大会といえば、浴衣の女性ですよね。男性も彼女の浴衣姿を見たいですよねー!

浴衣でも大丈夫なのか?

答えとしてはやめておいた方が良いです。

有料観覧席などもない白浜花火大会です。

白良浜に座って花火を見る方も多く、砂で浴衣が汚れてしまいます。

帰りも混雑して長時間、車に乗っていることになりますので、浴衣を着たままだととてもしんどいと思います。

浴衣での花火大会は楽しめませんが、昼に水着で海を楽しんで、夜は花火を楽しむというのが白浜花火を一番楽しめますよ!

まとめ

和歌山でも特に人気のある花火をぜひ見てください!

私が行った時は強風の影響でナイアガラの滝が当日中止になったこともあります。

もしナイアガラの滝がなくても、代わりの花火がとても綺麗ですよ!

空一面から花火が降り注いでくる感覚です。

もし強風でナイアガラの滝が中止になっても、花火を最後まで楽しんでください!!

スポンサーリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

京都ロームイルミネーション2017の日程と時間|混雑状況や駐車場は?

京都市を代表するクリスマスのイルミネーションであるロームイルミネーションは、半導体・電子部品のメーカーの「ローム」が主催するイベントで、本社前の並木道を中心に、約86万球の電球を装飾する市内でも最大規 …

しながわ宿場まつり2018年の日程と見どころや屋台情報を紹介します

江戸時代、日本橋と京都をつなぐ東海道には53の宿場があり、その最初の宿場町が「品川宿」です。しながわ宿場まつりでは、まるで江戸時代にタイムスリップしたような楽しい催しが盛りだくさんで、パレードの「おい …

成人式はスーツか袴のどっちで行く!?女子目線でのおすすめの提案!

  20歳といえば成人式ですよね。 まず、成人の歳を迎えたことにおめでとうございます! スポンサーリンク   女性は1年前から振袖を決めないと、 着たい柄がなくなると言われています …

福岡のクリスマスデートの穴場5選!!大学生カップルへのベストな提案!

  カップルにとって、クリスマスは 二人の特別な思い出を作る大切な日です。   そんなクリスマスに向けて、 イルミネーションが見られるような最高のデートプランを立てたいと思っても、 …

七五三の前撮りはいつが良い?メリットや親の服装の注意点など

七五三の写真は、お子様の成長の大切な記念になります。七五三の当日や前後は写真スタジオも予約でいっぱいですので、お参りの日とは別に、写真撮影だけの「前撮り」を検討する方も多いことでしょう。 スポンサーリ …