ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

生活

七草粥の由来を保育園の子供に分かりやすく説明する方法!

投稿日:

 

七草粥は毎年食べていますか?

 

お正月に豪華な料理を食べたりして

弱ってしまった胃腸をいたわるために食べる七草粥。

 

しかし、その本来の意味は

少し別のものだということをご存知でしょうか。

 

また、意外と知られていない七草粥の由来や意味を、

保育園児に向けて分かりやすく解説するには

どう伝えればいいのでしょう。

 

今回は七草粥の簡単な作り方と併せてご紹介しています。

スポンサーリンク

七草粥の由来とは!

 

子どもにわかりやすく伝えるためには、

まず大人が正しい知識を持っておく必要がありますよね。

 

七草粥の由来と、

本来の意味をおさらいしておきましょう。

 

七草粥は、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」

の朝に食べるお粥のことで、春の七草を入れて、

その年の無病息災を祈るという意味合いがあります。

 

現代では、お正月に食べ過ぎて弱った胃腸を

いたわるために食べるという認識の方が一般的です。

 

人日の節句というのは、桃の節句や端午の節句など

1年間に5回ある節句のうちの一つで、

元々中国から伝わったのが始まりです。

 

中国では昔から、

節句の日にその季節の食べ物を食べることで、

邪気を払って無病息災や五穀豊穣といった

祈りを捧げる風習がありました。

 

人日の節句には、

7種の野菜を入れた熱い汁物を食べていたようです。

 

一方日本では、娯楽の一種として

その年の最初に芽吹いた新芽を摘む

「若菜摘み」という文化がありました。

 

これが平安時代に中国の節句の文化と融合して、

1月7日に春の七草を入れたお粥を食べるようになったのです。

 

七草粥を食べる意味を子供向けに解説

 

さて、七草粥の由来や意味が分かったところで、

これを子供が分かるように伝えるには

どう説明したら良いのでしょう。

 

人日の節句とか、無病息災とか言っても、

小さい子供にはピンときませんよね。

 

ポイントを絞って、

子供でも分かりるように説明しましょう。

 

なんだかいつもと違う朝ごはんを作っているママ。

きっと、「何を作ってるの?」と聞いてくるでしょう。

 

母:「七草粥っていうお粥だよ」

 

子:「なにそれ?」

 

母:「〇〇ちゃん、お正月にいっぱい豪華なお料理食べたでしょ?

そうすると、〇〇ちゃんもママも、お腹の中が疲れてきちゃうの。

それを優しく治してくれるのが、七草粥なんだよ。」

スポンサーリンク

 

子:「ふーん。でも“草”が入ってるんでしょ?美味しくなさそう…」

 

母:「そんなことないんだよ。だって、この草はただの草じゃないの。食べると〇〇ちゃんがずーっと元気でいられる、“魔法の草”なんだよ!」

 

子:「どんな草なの?見せて見せて!」

 

こんな感じで説明してはどうでしょうか。

 

7つの草の効能は、

以下の通りなので参考にされてください。

 

作っている最中や食べる時に

「この草は目に良いんだよ」

「これはうんちが出やすくなる草だよ」

など説明してみましょう。

 

子供は大人の言うことを面白いほど吸収するので、

「あれ、なんかお肌がツルツルになってきたかも!」

「七草粥食べたから元気が出てきた!」

なんて盛り上がるかもしれません。

 

・ゴギョウ…喉の痛みや咳に効く

・ハコベラ…痛み止め、切り傷に効く

・セリ…免疫力アップ、食欲増進、疲労回復

・ナズナ…整腸効果、目にも良い

・スズナ…便秘、むくみ解消に効果的

・スズシロ…消化促進、風邪に効く

・ホトケノザ…整腸効果、皮膚炎に効く

 

簡単な七草粥の作り方

 

昔のようにわざわざ七草を摘まなくても、

今は毎年、七草がセットになっている七草粥キットが販売されます。

 

それを使えば、

簡単に手間なく七草粥を作ることができますよ。

 

簡単に作り方を見ていきましょう。

 

《お米から作る作り方》4人分

①お米1合分を洗って水気をきる

②七草をさっと塩ゆでして冷水にさらし、水気を切ってから細かく刻む

③鍋にといでおいたお米と、水5~6カップを加えて沸騰するまで強火で煮る

④沸騰したら弱火で40分ほど煮る

⑤食べる直前に塩で味付けして、七草を混ぜる

 

《炊いたご飯で作る作り方》4人分

①お茶碗2杯分のご飯をザルで水洗いする

②七草をさっと塩ゆでして冷水にさらし、水気を切ってから細かく刻む

③鍋に洗ったご飯と、水6カップを加えて、弱火で10分ほど煮る

④食べる直前に塩で味付けして、七草を混ぜる

 

七草特有の苦味が苦手なお子さんも多いので、

そんな時は中華だしで味付けをしたり

卵雑炊風にしたりすると味もまろやかになります。

 

また、鶏肉やツナ缶を一緒に煮たりして、

みんなが食べやすいようにアレンジしてみてください。

 

まとめ

 

日本古来の文化や風習は、

意外と大人もその由来を知らなかったりしますよね。

 

七草粥も、せっかく作るならその意味を

お子さんと共有して楽しみましょう。

 

「お正月が終わると七草粥を食べるんだよ」

「一つ一つの草にこんな効果があるんだって」と、

子供も小さいながら

ちゃんと覚えてお友達や先生に話したりします。

 

簡単に美味しく作れる方法もあるので、

七草粥を食べて健康な一年を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サウナに毎日入った時の驚きの効果!実際は疲労回復だけではない!?

  サウナといえば、高温のサウナ浴と冷たい水風呂に交互に入るという 刺激的な入り方が特徴の入浴方法です。   わざと身体に刺激を与えて代謝を促し、 身体を以前よりも元気にすることを …

住んで分かる高層マンションでの子育ての最大のメリットとは!?

都会的でおしゃれな高層マンションは憧れますよね。 スポンサーリンク 子供がいるご家庭でしたら、子供への影響も気になります。 そこで今回は、実際に高層マンションに住んでいる友人に子育ての最大のメリットに …

女性はドン引き!!車の運転で性格が変わるのはなぜ?

いつもは温和な性格の人が車の運転中にだけ性格が変わるという場面に遭遇したことはありませんか?実際に私はしたことがあり、『え?!実はやばい人?!』と思い怖くなったことさえあります(笑 スポンサーリンク …

「ぼたもち」と「おはぎ」の言い方の違いには明確な理由が!?

季節のご挨拶は、日本人にとっては欠かせないマナーのひとつ。 スポンサーリンク そして「義理の家族」とは、一番礼儀の欠かせない相手ともいえます。 つつがなくご挨拶を済ませるために、ちょっとおさらいしてお …

敬老の日のプレゼントは何歳から?おすすめや喜ばれる贈り物とは

9月の国民の休日の一つである「敬老の日」。敬老の日は長い間、社会の為に尽くしてきた高齢者を敬い長寿を祝う日とされていますが、そもそも何歳からが敬老の日に該当するのでしょう?今回は、敬老の日のプレゼント …