ほそろぐ

日々の生活で気になる問題を解決します

イベント

京都南禅寺の紅葉の見ごろ時期とライトアップや混雑状況など

投稿日:


南禅寺は足利義満の時代には、五山制度の中で京都五山、鎌倉五山を超える「五山之上」という禅宗寺院最高の寺格の寺院です。正門の南禅寺山門では、歌舞伎の「楼門五三桐」の舞台となっており、石川五右衛門が楼上から「絶景かな、絶景かな」の名セリフを歌った場所で有名です。

南禅寺のもみじの種類はカエデで、紅葉シーズンには広大な境内の約300本ものカエデが真っ赤に染まります。また、南禅寺の塔頭、天授庵ではライトアップも実施していて昼間とは違った雰囲気の光景が楽しむことが出来ます。

この記事では、南禅寺の紅葉の見ごろの時期とライトアップ情報や混雑状況などを紹介します。

スポンサーリンク
  

南禅寺の紅葉の見ごろ時期

紅葉の見ごろの時期は、11月中旬~12月初旬です。

<南禅寺の拝観時間>
南禅寺境内
拝観自由
方丈庭園・三門・南禅院
3月~11月:8:40~17:00(16:40受付終了)
12月~2月:8:40~16:30(16:10受付終了)
天授庵
3月1日~11月14日:9:00~17:00(16:40受付終了)
11月15日~2月28日:9:00~16:30(16:10受付終了)

拝観料
南禅寺境内:無料
方丈庭園:大人500円/高校生400円/中学生・小学生300円
三門  :大人500円/高校生400円/中学生・小学生300円
南禅院 :大人300円/高校生250円/中学生・小学生150円
天授庵 :大人400円/高校生300円/中学生・小学生200円

住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町86
問い合せ:075-771-0365

<アクセス>
電車
東西線「蹴上」駅下車、徒歩10分

スポンサーリンク

バス
JR京都駅から市バスA1のりば(5系統)へ
5系統の銀閣寺・岩倉ゆきのバスで、「南禅寺永観堂道」下車、徒歩10分


京都東インターより三条方面へ約6km

駐車場
有り/2時間以内1000円、その後1時間毎に500円

南禅寺の紅葉のライトアップ

南禅寺の塔頭(たっちゅう)の天授庵では、夜間特別拝観のライトアップが行われ、庭園がライトアップされます。普段は本堂に上がることが出来ないのですが、この期間だけ本堂から紅葉を鑑賞することが出来ますので、外から見るのとは、また違った紅葉を楽しむことができます。見どころは枯山水の本堂東庭と、池和泉回遊式の書院南庭の2つの庭園となっています。

場所:天授庵
日程:11月15日~11月30日
時間:17:30~21:00(20:45受付終了)
料金:大人500円/高校生400円/中学生・小学生300円

南禅寺の紅葉の混雑状況

紅葉シーズンは、京都市内の観光名所はどこにいっても大混雑ですが、南禅寺の境内はとても広く、たくさんの紅葉スポットが散らばっているため、京都の他の観光名所と比べるとストレスを感じるほどの混雑にはなりません

天授庵のライトアップは、入場までは少し混雑することが多いですが、時間を区切っての入場ですので、境内に入ってしまえばそれほど混み合うこともなく、落ち着いて紅葉を鑑賞することが出来ます。

まとめ

南禅寺では、京都らしい情緒に溢れた紅葉を比較的ゆっくりと楽しむことが出来ます。また、参道には湯豆腐店が並んでおりグルメにおいても南禅寺は名所です。

南禅寺の紅葉を楽しむついでに、人気の紅葉スポットの清水寺に向かうのも良いでしょう。京都の紅葉を楽しみたいと思っている方は、近くに人気の紅葉スポットもたくさんある南禅寺を訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

京都時代祭りの2018年の日程と見どころや観覧席情報を一挙公開!!

秋の京都は、紅葉などが人気ですが、京都の雰囲気を満喫するのには時代祭がおすすめです。 スポンサーリンク 京都時代祭は、京都の葵祭、祇園祭とならぶ京都三大祭りの一つで、一千年に渡って京都に生きたさまざま …

七五三の前撮りはいつが良い?メリットや親の服装の注意点など

七五三の写真は、お子様の成長の大切な記念になります。七五三の当日や前後は写真スタジオも予約でいっぱいですので、お参りの日とは別に、写真撮影だけの「前撮り」を検討する方も多いことでしょう。 スポンサーリ …

刈谷わんさか祭り花火大会の場所と時間|穴場と近くの駐車場をご紹介

刈谷わんさか祭り花火大会は、愛知県苅谷市で行われる刈谷わんさか祭りのフィナーレを飾る花火大会で、毎年、10万人以上の見物客でにぎわう刈谷市の夏の風物詩となっています。 スポンサーリンク 音楽に合わせて …

内海中日花火大会の2018年の日程|穴場スポットと混雑の回避策は?

内海中日花火大会は、千鳥ヶ浜海水浴場で打ち上げられ、砂浜に寝転びながら真上から降ってくる花火を見上げられるのが特徴です。臨場感、人混みの少なさ、夜の潮風、砂浜に寝転びながらの観覧は、都会のものとは違っ …

白浜花火大会2018の地元民おすすめの穴場3選!!浴衣でも大丈夫!?

和歌山県白浜町に白良浜というビーチがあります。 スポンサーリンク 夏になると白浜花火大会が開催されており、県外からもたくさんの人が訪れる人気の花火大会です! 今回は、白浜花火大会の地元民のおすすめの穴 …